PROJECT SamanthaPROJECT Samantha

お問い合わせ MENU

『キャラクターAI』の未来THE FUTURE OF “CHARACTER AI”

CHAPTER 01

AIの社会普及にともない
『キャラクターAI』の価値が上がっていく

2017年は「AI元年」と言われ、新聞やメディアでも大きな話題となりました。スマートスピーカーをはじめ、様々なコミュニケーションデバイスが一般化し、医療や経済、教育など、社会のあらゆるところにAIが浸透しはじめ、働き方やサービス、ライフスタイル、そしてコミュニケーションに大きな影響を与えています。かつて機械と人がコミュニケー
ションをするためには巨大なプログラムを使った
難解なプロセスが必要でしたが、技術が進むにつ
れて、簡単なテキストや言葉を使って機械に指示
したり情報を引き出したりできるようになりまし
た。私たちが開発する、人の意図や欲求を理解・
学習するAIエンジン“OMOHIKANE(オモヒカネ)”
を利用すれば、まるで人に話しかけるように、自
然な会話を用いてより密接に、機械とのコミュニ
ケーションを図ることができます。そのコミュニ
ケーションが対話であるがゆえに「人はUIに”キャ
ラクター性”を求める」私たちはそう考えます。

CHAPTER 02

世界に通じる『キャラクターAI』を
いち早くビジネス化する

日本はキャラクター大国であり、私たちは小説や漫画、ア
ニメ、映画、ゲーム、など多彩なキャラクターと触れあい
ながら育ってきました。街を歩けば多くのキャラクターグ
ッズが目に入り、人の生活とキャラクターは密接に関係し
ています。そして、今やそのキャラクターは日本有数のコ
ンテンツとして輸出され、世界中で親しまれています。コ
ンテンツ・物語を通して、人はキャラクターに共感し、自
身の中にキャラクターを投影します。そしてその想いは
「キャラクターと話したい」という願望につながります。
PROJECT Samanthaは、持てる技術を使い『キ
ャラクターAI』をプロデュースすることで、この願いを叶
え、あらゆるサービスと人を繋ぐ役割を担ってゆきます。また、『キャラクターAI』は多言語で展開することで、その市場を世界に広げることができます。日本のキャラクター文化を最新AI技術に乗せて、世界中のコミュニケーションをより楽しく、豊かにするそんなビジネスのお手伝いができればと考えています。

pagetop