PROJECT SamanthaPROJECT Samantha

お問い合わせ MENU

ニュースNEWS

2019.04.17おカネの知育コンテンツ「東京ツミタテ娘」を丸井グループとスタート!

PROJECT Samantha(本社:東京都港区、代表取締役社長:結束雅雪)にて開発した対話コンテンツを活用し、株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)と共に“おカネの知育コンテンツ”の新サービス「東京ツミタテ娘」をスタートいたしました。

■対話型AIサービス 「東京ツミタテ娘」とは
恋に仕事に全力なアラサー未婚女子たちを描いた漫画『東京タラレバ娘』(原作:東村アキコ/講談社「Kiss」所載)の主人公・倫子に、作中のマスコットキャラクター、タラちゃん、レバちゃんが、女性の人生の中で必要な「おカネ」の事例を出しながら、“幸せになるためのおカネ”の知恵を解説していく“おカネの知育コンテンツ”です。
本サービスのコンテンツとして、女性が生きていくために必要となるおカネについて、倫子、タラちゃん、レバちゃんとチャットストーリー連載で学ぶ 『幸せを掴む!おカネの話』 (全12話)、タラちゃん、レバちゃんがチャットでおカネの知識を教えてくれるAIとの対話サービス 『タラレバにきけ!』 の2つのメニューを用意しています。なお、AIとの対話サービスに使用されている経済用語については、株式会社東京証券取引所リテラシーサポート部の監修の下、搭載しています。

■[PROJECT Samantha]による対話コンテンツとは
[PROJECT Samantha]は、対話するキャラクターAIを企画・プロデュースすることにより、「キャラクターと対話したい」というユーザーのご要望にお応えするサービスです。
「東京ツミタテ娘」においては、[PROJECT Samantha]の対話AI技術「認識モデルAI“OMOHIKANE(オモヒカネ)”」(※)が提供する多くのAI構築機能のうち、ルーチン機能と推測機能を用いることで、AIタラちゃん、AIレバちゃんが、おカネに関する発言コンプライアンスを遵守しつつ、ユーザーを励ましたり応援したりするといった対話を実現しています。

※「認識モデルAI “OMOHIKANE(オモヒカネ)”」
認識(欲求・経験・感情・暗黙知)・記憶・推測・ルーチン対応を行う「複層認識アルゴリズム」を独自開発し、キャラクターの世界観をリアルに再現する対話を実現するAI構築システム。人と区別がつかないほど高度なAIコミュニケーションの実現を目指す。

=============
※「東京ツミタテ娘」公式サイト
https://www.0101.co.jp/tarareba/
=============

■「東京タラレバ娘」とは
「タラレバばかり言っていたらこんな歳になってしまった」恋に仕事に全力なアラサー未婚女子を描き、心にリアルに刺さると、熱烈な共感を呼んだ、累計発行部数500万部突破の人気漫画。新シリーズとなる『東京タラレバ娘 シーズン2』が、4月25日発売の「Kiss」6月号より連載開始。
 『東京タラレバ娘』(原作:東村アキコ/講談社「Kiss」所載)
 ※公式HP:https://kisscomic.com/

[PROJECT Samantha]
©Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
©emotivE Inc.
©PROJECT Samantha Inc.

[東京タラレバ娘]
©東村アキコ/講談社

<本件に関するお問い合わせ>
PROJECT Samantha 担当:木村
TEL:03–6459–0839
お問合せフォームはこちら

pagetop